過去が描く未来と、少数派が織りなすシュール。

どうも、マラです。
今朝、通常より4時間ほど
早く目を覚ましました(一時的に)
なんだか得したような損したような
落ち着かない心境に
普段より、さらに捻くれた
妄想なのか夢なのかに、
花を咲かせておりました。
魚をくわえたドラ猫
を追いかけ、裸足で
駆けて行くが、
志し半ばで斜に構える
サ〇エさんや、
「志村うしろ~!」と
誰も叫ばない、お化けコントなど
そんなカルティでシュールな
面持ちで、ネットに潜りますと
わたくしの精神にうってつけ
の写真を探り当てました。
まず一枚。

この春をこれで乗り切る
美的感覚が無い、わたくしには
美術品や骨董の類に
見えてきます。
次。

もはや、制作サイドの意図も
汲み取ることができません。
巨大で、しかも不気味。


ひいたアングルはさらにシュール。



生モノです。
巨大なだけで、不気味ですね。
普段、想像出来ない物事
というのは、受け入れ難いのだなと、
しみじみと僕の右脳
は、新しいニューロンを
生み出すのでした。


広島のブログランキング↓
波輝カフェは…?
広島ブログ

 


Article Categories:
未分類

Related Posts


Popular Posts

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA