玄米

080-6244-0705  7月8月は無休

9月からの七浦海水浴場のご利用について

囲炉裏の詳細はコチラ

バーベキューの詳細はコチラ

七浦海水浴場・マス席の料金表

アクセス

スタッフ募集の詳細はコチラ

ドッグランの詳細はコチラ

 

 

安芸太田町に移り住んだ友達から「玄米」をもらいました!

gennamaimai

なんと、全部手作業で完全無農薬仕上げ。

それもあの棚田百選の「井仁の棚田」で!!!

初めての稲作りはとっても大変で通常できるお米の20分の1程度しか収穫できなかったそう。

貴重な玄米は甘くておいしかったです(*^_^*)

幼少期を玄米で育った私には、懐かしい味でした。

gennami

もらった袋に書いてあった「不耕起栽培」。

気になって調べてみると・・・

 

漢字の通り、土を掘り起こしたり反転させたりして耕起することをしない農業の手法でした。

耕起栽培に期待されているものは、多くは省力化と省コストらしいのですが、

稲作で不耕起栽培を進めていくと

田んぼに従来から住んでいた生きものが増えたり、戻ってきたり、  

土壌の構造が変化して田んぼの水持ちが変わったり、  

田んぼが酸素をたくさん吐き出すしくみが生まれていたり、  

水がきれいになる仕組みが隠れていたり、  

メタンガスの発生が少なくて済んでいたりと

いいことづくめになってお米の味がとっても美味しくなったそうです!

 

へぇ~・・・と感心はしましたが。

お米は作りませんよ~。笑

畑で精いっぱい!

 

私も畑と野菜と日々向き合ってますが

色々やってみないと分からない事ってたくさんありますね!

 


Article Categories:
ブログ · 波輝カフェの日々

Related Posts


Popular Posts

Comments are closed.

betpark -
bahispub
- lunabet -

ligobet

- betebet giriş - adana eskort - bodrum eskort - eskort adana - adana eskort bayan - eskort