魚が生息しております、こちらが例の水溶液になります。

どうも小栗旬です。(どうもマラです。)
繰り返す、諸行は無情。
そんな甘酸っぱくも、世知辛い気持ちで、
今日も七浦の海を眺めておりました。
とても美しく、開放的な気持ちにわたくし、
いてもたってもいられません。
魚をくわえたナナタソ(波輝カフェの名犬。)を、
追いかけて、裸足で海にかけていきました。
    
いやー一見きれいなんすよねぇ。
しかしながら、わたくし見つけてしまいました。
空き缶や菓子袋、ほかにもビニールの類を。
憤りをかくしきれません。
ナナなんか呆れて、「汚い海なんて興味ないワン!」
などと愚痴っぽくコーヒーを注文する始末。
 
もう、わたくしゴミを拾いながら思ったんです。
こんな豊で美しい海にゴミを捨てる輩は可愛そうだと。
海すら美しいと思えない、心の貧しい方なのだ。
なんだか海辺で生活する者としては、
とてもさみしい思いです。
鳥も悲しかったんでしょう。
店内のガラスに頭をぶつけて、最大限に怒りと悲しみを、
表現しておりました。 


まるでブルース・リーのようです。
ただ鳥も、あまりの激痛に少々、
暴れておりましたが、スタッフ3名がかりで取り押さえ
介抱してやりました。
わたくし心身、共にへとへとになりました。
倒れこむ私にナナさんは、またも呆れておりました。
 
広島のブログランキング↓
波輝カフェは…?
広島ブログ   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です