自然とのつながり

 

心地よい海風に当たりながら

浜辺に優しく打ち寄せて来る波を

何となく眺めた。

 

一度たりとも同じ形になることなく

一定の間隔で現れては消え

そしてまた現れる。

右に現れたかと思えば左から現れ

優しい波が来たかと思えば

荒々しい波も現れる。

「みんなちがって、みんないい」

そんな詩が思い浮かぶ。

 

人だって同じようでもみんな違う。

周りの環境によっても大きく変わる。

 

自然との繋がりには変わらないものがある。

人間の呼吸と浜辺に打ち寄せる波の回数は1分間に約18回。

その2倍が、およそ人間の平均的な体温。

その2倍が、心臓が1分間に打つ鼓動。

その2倍が、血圧値に近い数。

さらにその2倍は、赤ちゃんがお母さんのお腹の中にいるおよその日数。

 

人間の体の約70%は水分でできている。

地球の海の比率も約70%。

「みんなちがっていても、

        みんなつながっている」

心地よい海風に当たりながら

何となくそんなことを考えた。


Article Categories:
未分類

Related Posts


Popular Posts

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA