Taja ライブ 10月7日

波輝カフェでライブを何度かして頂いた、広島が誇る天才ベーシスト
山本 優一郎

さんの御好意で、急遽決まりました。
Tajaさんのライブ。
波輝のBGMでもよくかかってますよ!
是非ともお越しください。
Taja
Live@波輝カフェ
10月7日(日)
Taja
菜穂   (vocal、piano)
祐次   (guitar)

Hova (human beatbox)
山本優一郎(bass)
LIVE START 13:00~
投げ銭ライブ!!

Taja Profile
Naho: vocal, piano, keyboard, words, songwrite
Yuji: guitar, keyboard, compose, arrange, songwrite
「音楽を通じて出会えた人々が、家族のように繋がっていければ、幸せな世界になるはず」という願いがこのユニット名に込められている。
Rockを基調にしながら、様々なジャンルの音楽を取り入れた、Taja sound。 Soulfulに心のひだを揺さぶる菜穂のvocal。温かく、時に激しく広がりゆく音像を描き出す狩野佑次のsound。 二つの個性が混ざり合って、メッセージ性の強い楽曲が生まれる。
数多くのテーマソングや、CMソングに起用され、機動戦士ガンダムMS-IGLOO、機動戦士ガンダム00(ダブルオー)にも劇中使用されるなど、 映像とのコラボレーションが多いのも、Taja soundのドラマチックさゆえのもの。
ライブでは、子供からお年寄りまで巻き込みながら、オーディエンスも、アーティストもその境目のない一体感を感じるライブを日本各地で展開中。 ライブハウスに限らず、カフェ、クラブ、イベントスペースなど、場所によってライブ形態を変えていきます。
菜穂 
1997 アニメCity Hunter「グッド・バイ・マイ・スイート・ハート」EDテーマ「Get Wild~CITY HUNTER SPECIAL’97 VERSION~」を歌い、デビュー。(歌手名NAHO)
1998 狩野佑次とユニット笹塚一軒家を結成し、都内のライブハウス、クラブを中心に活動。
作詞家、作曲家としての作品提供も始める。(上戸彩、杏子、柴咲コウ、AAA、TRF、AZU,,,他)
2001 男児を出産。母になりながらも、更に歌い続ける選択をする。
Tajaとしての活動の他、菜穂として、作家活動やsolo live、コーラスでの作品参加、CMソングの歌唱、イベントの開催(雌蕊、shibuya de一軒家、MIKI ROCK FES.、Sarasuvathi,)など幅広く活動中。
2009 Taja 1st major album「Taja」を発表。
Rockバンドを経て、jazz、soulの手法を取り入れながら培って来た、独特のvocalstyle。シルキーかつエッジの効いたその声で、心揺さぶるメロディーを歌う。
音楽は人を繋ぐツール(道具)。
多くの女性アーティスト達との交流が多い事から、「雌蕊」という自身の発起した
イベントを不定期に開催。作詞、作曲、歌唱をこなすだけでなく、フライヤーのデザインや、イベントのトータルプロデュースも行う。
作品提供 →
矢野真紀『もっと騙して』(作曲)
上戸彩『Flower』『Stepping out』(作詞)
Folder5『あの空の向こう』(作詞)
星井七瀬『ファーストステップ』『ファミレス交差点』(作詞)
SORA『きみに逢いたくて』(作詞)
TRF『Goodday☆Sunshine』(歌詞)
柴咲コウ『かげろう』(作詞作曲)
AAA『ハレルヤ』『ミカンセイ』(作詞)
AZU『最後の恋』『for you』(作詞)
DEEP『milestone』(作詞)
佑次 
23歳の時に相方、田中菜穂と知り合いTajaの前身、笹塚一軒家を結成しミュージシャンの日々が始まり、並行してCM音楽やいろんなアーティストの楽曲制作に参加しながら現在に至る。
主な参加作品(アーティスト)→
HOME MADE 家族 スキマスイッチ The Birthday 米米クラブ Hiromi Go Amadori 香田晋 柴咲コウ ユンナ
etc…..
CM作品(作編曲&MIX)→
Tokyo Gus ガスパッチョ ユニクロ マクドナルド 毎日新聞 docomo au Softbank カネボウ 資生堂 ブリジストン canon 富士通 サッポロビール ダイハツ JRA NTT Toshiba 大和証券 Panasonic From A タカギ メナード wowwow YAMAHA Brother
etc…..
Hova
2001年よりBEATBOXを始め。
1年後に
“WASINGTON THE CHERRY BLOSSOM FESTEVAL TOUR”
アメリカワシントンD.C.のケネディセンター公演で日本人最年少のBEATBOXERとしてLIVEを果たす。
帰国後、本格的に活動を開始しCLUB EVENTなどに出演しながら、ダンサー DJ フリースタイルバスケットボール BMX 一輪車 ヨーヨーなど様々なアーティストとコラボレイトをおこなう。
またBeat Boxの音を楽曲提供、Liveのサポートアーティストとして参加。
2008年、2009年と日本武道館のステージに立つ。
2008年5月HCO MUSICから1st Album『Beat on』を全国発売
また、兄でパーカッショニストの大久保 宙と全国各地の中学校、高校の芸術鑑賞に特別講師として講演をするなどBeatBoxerとしての可能性を大きく広げる若きパイオニア的存在でもある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です