ゆりかご

どうも!!
こにゃにゃちわ!
ジャーニーです。
最近パフゥームが気になります。
さて波輝の海には、「甘藻」(あまも)
が自生しており、なにげない感じなんですが・・・
実はこいつはかなりのいいやつで貴重なやつなんです。


というのも、ここ瀬戸内海の75%の沿岸がコンクリートで固められ
干潟というものが無くなってきてるのです、その干潟に棲息する甘ちゃん
水深1メートルの所にいて、海の中でも日が当らないといけないため、水の
透明度も必要なのです。
甘ちゃんは川からきた悪いやつらを浄化してくれるんです。
また、小さな小魚たちの住処であり、産卵場所なんです。
実際今日網ですくったら、小さい小魚やエビ、カニ、貝などが取れました。
本当にゆりかごなんです!!
今全国で甘ちゃんを取り戻そうという事で、いろんな動きをしていますが
波輝も大切に守っていこうと思います。みなさん協力してくださいね。
ちなみに「甘藻」の別名は「リュウグウノオトヒメノモトユイノキリハズシ」
(竜宮の乙姫の元結の切り外し)という名があります。
最も長い植物名らしいです。
そして、「藻塩」というのは、甘ちゃんを焼いた灰から取り出した塩です!!
へぇ~~~~~へぇ~~~~~でしょ!!
みなさん海を大切に!!

5 Comments / Add your own comment below

  1. へぇ~(@_@)!
    藻塩て、だから藻塩なんだぁ。
    蒲刈のばあちゃんちから仕入れてるからほぼ食べてるけど、普通に容器が特別なだけで、藻からの塩なんて知らなかったぁ(≧∇≦)

  2. ジャーニー

    わぅさん・・・
    藻塩は栄養が豊富でいいですよね
    塩作りにも挑戦しましょうかね・・・

  3. さすが冬なので透明度高いねぇ。
    瀬戸内海とは思えませんよ。
    塩作りええですね。
    俺的にはやはり干物どうですか?
    昨夜メグミに瀬戸田の実家のタコの干物の話を聞いて食いたくなったのです。

  4. その時は是非(≧∇≦)
    上蒲刈ぢゃ子供達の体験とかもあるし!
    是非♪藻。

  5. 牡蠣太郎さん
    干物待ってて下さいね。
    作って、一輪の花の所に届けて
    美味い酒と楽しんでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です